アガペの愛を配る働き

 09, 2015 03:21
今日は、私が所属してるNPOの訪問型子育てボランティア活動で
宇佐美の とある親子のご家庭訪問に行ってきました。

就園前のお子さん中心に2時間たっぷりとあやしたり遊んだりしました。
守秘義務があるため活動内容の詳細を書くのは控えますが、
帰りに利用者さん宅を離れようとしたときに、ベランダから「バイバーイ、また来てね♡」と
大きく手をふってくれてる可愛コちゃんに、胸がきゅーん♡

私が訪問で心がけていることですが、必ず訪問先のママやお子さんの良いところを
見つけて褒めるようにしています。それから訪問前にそのご家族の祝福をお祈りしています。

利用者のママさん達に共通して言えることは、
親になり養育者になりたてで慣れなくて不器用だとしても、
みんな子供のことをとても愛していて、その幸せを心から願っていること。
子供のために自分の時間の多くを費やして…それって"無償の愛=unconditional love"だなぁと。

だから、サポーターである子育て支援に従事する私たちは
「良くやってるね」「すごいよ」「順調に成長しているね」「頑張ってるね」
という塩で味付けされている言葉を伝えるだけで良いと思います。

これはボランティア活動なので、直接、御言葉を伝える働きではありませんが
私の敬愛するアーサー・ホーランド師の言葉を借りれば、
御言葉の剣を抜かずに、バイブルその本質を伝える働きだと思っています。
主に感謝!

いつも、塩で味付けされた快い言葉で語りなさい(コロサイの信徒への手紙 4章6節)

COMMENT 0

WHAT'S NEW?